美白や美肌の知識:美容洗顔オススメ情報

スポンサードリンク



スポンサードリンク

お茶の石鹸

香りもお茶の香りがするので香りに癒されて愛用する人も少なくないようです。このお茶の石鹸は日本ならではの石鹸のような気がしますね。いずれも茶カテキンの効果が売りにされているので効果的には茶のしずくと似たような感じかな?と思います。茶洗顔石鹸の中では茶のしずくが一番有名なような気がします。

まさしく緑茶のあのお茶です。抹茶の石鹸など産地で有名な静岡や京都の宇治茶を使った茶石鹸もあります。効果としては美白と毛穴の黒ずみによいとされています。カテキン成分の抗酸化作用によるものが大きいのかも知れません。

気になるのは人気商品なので配送に少し長く時間がかかってしまうときがあるようです。口コミでも絶賛の声が多く聞かれます。一般的な洗顔石鹸より値が張りますが、口コミなどの効果を聞いていると値段以上の価値がありそうです。その他のお茶を使った洗顔石鹸そのほかにもお茶の産地の違うお茶の石鹸が発売されています。

ひとつづつネットに入っていて泡立てやすいようになっている茶のしずく石鹸は使う側としては非常に好感が持てます。それを差し引いてもこの人気なので美白、毛穴が気になる方にはおすすめします。ただ、はじめはビニールに包まれているのでビニールを取ってから泡立ててくださいね。

posted by 美容洗顔オススメ情報 at 17:00 | 美白や美肌の知識

美白石鹸の泡だて方

おすすめはやはり手で泡立てる方法が良いですね。泡立てネットを利用するときは目の粗いものは避けてできるだけ細かいものを使用するようにしましょう。しかしそこには落とし穴があります。どうしてか?手が汚れていると石鹸の泡立ちが弱くなってしまいます。

最初は粗い泡をピンポンだま2つ分くらいの大きさで作り、それを両手で空気を入れるようにしながら、こすり合わせていく感じです。泡立てネットは製品によってはネットの目が粗く、泡立てる泡も粗くなります。冷たい水だと肌がしまってしまって毛穴まで閉じてしまいますのでぬるま湯での洗顔がおすすめです。ぬるま湯を少しづつ足していきながら、しっかりとクリームのような泡を泡立てます。

手が洗えたら肌の大まかな汚れを落とすために、ぬるま湯で軽く洗います。手で泡立てる方法と泡立てネットを使って泡立てる方法です。洗顔の決め手は細かい泡にあるざっくりと泡立てる意味、使用するものなどを説明しましたが結局、言いたいことはより細かい泡を作れば肌の汚れはよりよく落ちるということです。すすぎすすぎ残しは肌のトラブルの原因やしわの原因にもなります、せっかくここまでやってきたのですからすすぎもしっかりと行いましょう。

一見、泡立てネットのほうが簡単泡立つと思われがちです。いろんな成分が邪魔をするんですね。洗うよく泡立てた泡を顔の上で転がすような感じで洗います、別のページでも書きましたが肌をこするように洗うと毛穴がふさがってしまいますので、あくまでも優しく、クリーム状になった泡を全体に広げるような感じで行ってください。慣れるまで少し時間がかかりますがお肌のために同じ時間を使うのでしたらより効果の期待できる方法で洗顔するほうが結果的に理想の美肌になれるまでの期間は短くなると思います。

posted by 美容洗顔オススメ情報 at 15:00 | 美白や美肌の知識

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。